ZEH(ゼッチ)とは?

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を略したもので、「住宅で1年間に消費するエネルギー量」(冷暖房などの空調・給湯・照明・換気)と「住宅で1年間につくるエネルギー量」(太陽光等)の差が概ねゼロ、もしくはつくるエネルギー量のほうが多くなる住宅のことをいいます。 ZEH住宅の実現のためには、建物の断熱性能を高め、機器類を高効率化にし、使用エネルギーを削減して(省エネ)、太陽光発電などでエネルギーをつくり出す(創エネ)ことが必要になります。
政府は2020年に省エネルギー基準への適合義務化を行い、2030年には新築住宅の平均でZEHを実現しようとしています。より多くの方が、ZEH仕様を導入しやすいよう、政府は補助金制度など優遇措置を出しています。
ZEH住宅は、エネルギーを節約し、環境や家計にもやさしい快適な暮らしを実現します。 センコー産業はZEHビルダー登録会社として、自社の受注住宅のうち、ZEH住宅の受注割合を2020年までに50%以上とする事業目標を掲げています。

ゼッチの周知・普及に向けた具体策として

住宅をZEHにすることで光熱費の節約によるランニングコストの削減や、ヒートショックが予防できるメリットを打ち合わせの段階でお客様に伝え、モデルハウスや見学会などのイベントで案内する際には積極的に説明し、広告等の媒体を通じて告知を行い、周知・普及に努めます。

ZEHゼッチのコストダウンに向けた具体策

住宅設計時には建設地に合った自然エネルギーの利用方法を考慮し、断熱材の性能値や厚さの検討、方位を考慮したサッシの仕様やガラスの選定を行った上で社内での外皮計算を行い、ベストなバランスを見つけ、費用対効果が良い組合せを選定することによりコストダウンを図ります。 断熱材・サッシ・給湯器や太陽光発電などの材料仕入れについてもメーカーや仕入れ業者と協力し、コストダウンに努めるとともに、コストパフォーマンスの高い材料の情報収集に努めます。

その他の取り組みとして

ZEH住宅の完成見学会は積極的に開催し、いつでもZEH住宅を体感できるモデルハウス建設の検討を行います。 社内勉強会を行い、省エネ・創エネの理解を深め、社員教育を行います。

センコー産業のZEH(ゼッチ)普及目標

センコー産業はZEH普及に向け、2016年から2020年までの5年間での普及目標を以下のように公表しています。

2016年度
(平成28年)
2017年度
(平成29年)
2018年度
(平成30年)
2019年度
(平成31年)
2020年度
(平成32年)
目標 5% 10% 20% 30% 50%
実績 4% - - - -

ZEH普及に向け、積極的に取り組みしております。