Works.039 M様邸

場所香川県高松市
建築家名北村彰朗氏
建築家所属北村彰朗建築設計
施工高松スタジオ センコー産業株式会社

築山のある中庭を悠々と楽しむ家

リビングの床は、ふうわりと暖かい床暖房付きのコンクリ土間床。
子供たち専用の学習スペースはリビングの壁面に。
2階の離れはご主人のプライベート空間。

お客さまからのメッセージ

北村彰朗先生の図面に満足しました!

北村先生の第一印象は、

ご主人
過去の作品と、生身の北村先生とのギャップに驚きました。センスがいい建築家だと思いました。
奥様
お話や物腰が本当にソフトな方で、建築家が初めての私たちはとても安心しました。

もっと見る

新居に住んでみて、以前の暮らしから変わったところはどこですか?

庭の手入れや、掃除など、家事が増えました(笑)
嬉しかったり、大変だったりしながら楽しくやっています。でも、片づけは簡単になりました!
広くなったなぁと、主人が喜んでいます。

「私たち夫婦らしい家ができたね」と言われるのが嬉しいです。

新居を訪れた親戚や友人たちから、「素敵やねぇ」って言われます。
「この家だったら、一日中、家に居たい」という感想は本当に嬉しかったです。

住んでみて、気が付いた点はありますか?

床がコンクリートで、カーテンも薄めにしたせいか、色々な音が吸収されずに室内でよく響くなぁと思いました。
内緒話はできないかも(笑)
外に出ると家の中の声がよく聞こえるんですよ。子供たちが声が元気で(笑)
既製品だけどお洒落な洗面化粧台、なんと洗面ボールの深さが足らなくて水ハネが多いんです。
洗面ボールは深めがお勧めですね。

北村先生とASJのシステムなら、希望する「家」が作れると思って決めました。

家づくりをしようという切っ掛けは、姉がマンションを購入したのを見て、家を持つなら、自分たちで考えた「家」にしたいと思ったからです。
その後、新聞折込広告で知ったASJの建築家住宅展へ参加しました。
その住宅展で、北村彰朗先生にお会いし、ASJの家づくりシステムを知ったのです。

北村先生が、私たちの要望をよく呑み込んで、次々とスキルの高い提案をしてくれるので、自分たちで一から考えて、選んで、悩んで、ということの少ない家づくりができました。

住宅展に行けば、色々な建築家から「家」について教えてもらえます。
自分たちに合った建築家に出会えれば、きっと希望どおりの「家」が出来上がると思います。

お施主様、お客様のお声をありがとうございました。

建築家からのメッセージ

建築家 北村彰朗氏より

この住宅は私が初めてASJ高松スタジオのイベントに参加させて頂いた時に会場でお会いした若いご夫婦の家です。

ご夫婦と二人のお子さんの第一印象は、ご主人は寡黙な方、奥さんは気さくで教育熱心でまた、お子さんは私の孫と同じお名前だったので不思議な親近感を覚えました。

家づくりへの希望は、中庭のある家でしたが、何度かお話をしている中で子育てに対する考え方に共感できました。

リビング学習の為の机の配置、机の前の壁を掲示板に又、子供部屋のオープンフリースペースさらに、築山のある庭から二階のテラスへと子供たちが走り回れるなどの遊び心を取り入れて頂きました。一年点検にお伺いした時に、うまく使いこなされている様子を拝見して安心致しました。


施工例一覧に戻る